2018.4.8 05:02

栃木の村田がデビュー!「4番・三塁」で先発も3の0/BCリーグ

栃木の村田がデビュー!「4番・三塁」で先発も3の0/BCリーグ

村田は、四回の守備でライナー性の打球を無難にキャッチした (撮影・吉澤良太)

村田は、四回の守備でライナー性の打球を無難にキャッチした (撮影・吉澤良太)【拡大】

 プロ野球独立リーグ、ルートインBCリーグ・栃木に入団した前巨人の村田修一内野手(37)が7日、群馬との開幕戦(上毛敷島)に「4番・三塁」でデビュー。3打数無安打だった。

 二死二塁で迎えた一回の第1打席は、元メジャーリーガーの左腕・トーレスの149キロの直球に空振り三振。一死満塁の四回は遊ゴロ併殺打に倒れた。七回には左腕に死球を受けたが、NPB歴代4位の通算150死球を誇るだけに、顔色を変えず一塁へ。九回に四球を選び交代。直後に八木(元ソフトバンク)が3ランを放ち、7-7の同点に追いついた。

 「死球もありましたし、華麗なゲッツーもありました(笑)。本塁打を見せられなくて残念ですが、次はゲッツーを打たないよう努力したい」と明るい表情。この日は日大の同級生、館山(ヤクルト)や横浜時代の監督だった大矢明彦氏が群馬まで駆けつけ激励。温かいまなざしに見守られての再出発に「一球一球を大切に悔いのないよう野球をやっていきたい」と誓った。 (佐藤春佳)

  • 4回遊ゴロ併殺打に倒れ、苦笑いの栃木・村田(左)=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 試合後、取材を受ける栃木・村田=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 3回の守備を終え、ナインとタッチをかわす栃木・村田=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 4回、遊ゴロ併殺打に倒れる栃木・村田=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 試合後、チームバスに荷物を運ぶ栃木・村田(中央)=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 試合後、笑顔を見せる栃木・村田(中央)=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 試合後、チームバスに荷物を運ぶ栃木・村田(右)=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 栃木・村田の応援に駆けつけたヤクルト・館山=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 試合前、ホームラン競争に参加する栃木・村田=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • 3回、八木の適時打で生還した栃木・飯原(中央)=上毛新聞敷島球場(撮影・吉澤良太)
  • ピンチにマウンドに集まる選手。左から2人目が三塁を守る栃木・村田=前橋市敷島町の上毛新聞敷島球場
  • BCリーグ開幕戦で打席に立つも、この日は3打数無安打、2四死球に終わる栃木・村田=7日、前橋市敷島町の上毛新聞敷島球場
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 栃木の村田がデビュー!「4番・三塁」で先発も3の0/BCリーグ