2018.4.3 13:00

【球界ここだけの話(1229)】西武の19歳右腕が開幕1軍入り 伊藤翔は徳島観光大使の資格十分!?

【球界ここだけの話(1229)】

西武の19歳右腕が開幕1軍入り 伊藤翔は徳島観光大使の資格十分!?

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
西武期待のD3位・伊藤翔

西武期待のD3位・伊藤翔【拡大】

 西武のドラフト3位・右腕、伊藤翔投手(19)=四国IL徳島=が「心の準備だけはしています」と、プロ初登板を待ちわびている。目標としていた開幕1軍入りを果たした19歳。当然、次の目標は「初勝利」だと思い、聞いてみると、返ってきたのは、もっと壮大な野望だった。

 「徳島の観光大使を狙っています!!」

 伊藤は千葉・横芝敬愛高3年時のドラフトで指名漏れ。だが、監督から「お前の性格なら短いスパンで勝負した方がいい」とアドバイスされ、独立リーグの四国IL徳島に活躍の場を求めた。

 昨年のシーズン開幕前、加入して間もない頃に開かれた投手会で「エースの僕についてこい」と宣言した3学年上の松本に対し、「エースは僕ですから」と宣戦布告。「プロになりたくて独立リーグに行った。チームで一番にならないと意味がないので言いました」と、1年前を振り返った。結局、松本と同じ8勝をマーク。加えて年間MVPにも選出され、有言実行でNPBへの道を切り開いた。

 わずか1年だったが、親元を離れて過ごした徳島の地には「自然が豊かで本当に居心地がよかった」と愛着を口にする。観光大使という壮大な野望の実現に向け、登場曲の変更も視野に入れている。オープン戦から大好きな湘南乃風の『バブル』を使用しているが、徳島県のマスコット「すだちくん」のテーマソング『進め! すだちくん』を「1軍で活躍できるようになったら登場曲にしたい」と考え、徳島時代のマネジャーが県に使用許可を確認しているとか。

 元気が出るようなイントロと「進め! 進め!…」という歌詞が、躍動感のある投球と人懐っこさが魅力の伊藤にはピッタリだ。

 「刺し身もすだちをかけて食べるとすごくおいしいです」。さりげなく徳島のPRをするあたり、すでに大使としての資格も十分!? 登場曲の変更と野望の実現が楽しみだ。(花里雄太)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 【球界ここだけの話(1229)】西武の19歳右腕が開幕1軍入り 伊藤翔は徳島観光大使の資格十分!?