2018.3.23 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(1218)】「道具を大切にする」未来のスター選手へDeNA現役スターからのメッセージ

【球界ここだけの話(1218)】

「道具を大切にする」未来のスター選手へDeNA現役スターからのメッセージ

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
感謝の気持ちを語ったDeNA・筒香

感謝の気持ちを語ったDeNA・筒香【拡大】

 高校時代まで野球を経験していたこともあり、現在、9歳の息子が所属する少年野球チームでパパさんコーチとして奮闘している。

 技術をたたき込む、というよりは「野球を楽しむ」をモットーに子供たちと触れ合っているが、その中でしっかりと伝えたいこともある。「道具を大切にする」ということだ。当たり前の考えではあるが、その理由をしっかりと理解してほしいので、DeNAの選手の影響力をお借りした。「なぜ道具を大切にするのか」。小欄で紹介させていただく。

 「自分の技術も大事ですが、大事な場面で相手との力が互角というとき、最後に何が勝たせてくれるかといえば見えない力だと思うんです。僕は『野球の神様』はいると信じています。その神様が最終的に力を与えてくれるのは、道具を大事にしている人に対してだと思っています」

 侍ジャパンにも名を連ねる左腕、今永の言葉だ。少年時代はもちろん、今でもグラブに付着した泥を丁寧に落とし、捕球面を磨いてプレーしている。

 「打つ、取る、走るといったプレーをしているのは自分であって、自分じゃないんです。投手が投げた球を打っているのはバット。球を取るのは素手ではなくグラブです。スパイクをはかないとちゃんと走れないですよね。道具が自分のプレーを引き出してくれているんです。そう考えると道具を大切にしない理由なんてないですよね」

 チーム最年長、37歳の後藤はベテランらしく、深みのある見解を教えてくれた。そして感謝の気持ちを前面に出した考えを語ったのは主砲の筒香だ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【球界ここだけの話(1218)】「道具を大切にする」未来のスター選手へDeNA現役スターからのメッセージ