2018.3.22 13:00

【球界ここだけの話(1217)】MLBジャパンの特派員2人がアリゾナに、坪井ミサト&クーニンさん

【球界ここだけの話(1217)】

MLBジャパンの特派員2人がアリゾナに、坪井ミサト&クーニンさん

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
エンゼルスのキャンプ地・テンピのダッグアウトに座る坪井ミサト

エンゼルスのキャンプ地・テンピのダッグアウトに座る坪井ミサト【拡大】

 太陽光がさんさんと降り注ぎ、あちこちにサボテンの生えるアリゾナ。そこにユニホームを着た小柄な美女と人気ユーチューバーの姿があった。女性タレント最速の107キロを投げる坪井ミサト(21)とクーニンさんだ。メジャーリーグの本質的な魅力を日本のファンに伝えるミッションを担い、MLBジャパンから特派員として初めての大リーグキャンプ取材に訪れたのだった。

 「日本にいるとメジャーは大味なイメージがある。でも、現地に来てみると日本以上に基礎や連係プレーに時間を使っていました。日本選手以外のメジャーリーガーにも話を聞ける機会があるので、自分が肌で感じたものを併せて取材して、伝えたいです」

 チャンネル動画の総再生数は1億5000万回以上のクーニンさん。ドジャース・前田健太投手(29)をはじめ、エンゼルスでは大谷翔平投手(23)のチームメート、マイク・トラウト外野手(26)とジャスティン・アップトン外野手(30)に打撃の極意を、マーティン・マルドナド捕手(31)にはキャッチングの技術についてインタビューした(近日中にqooninTVで公開予定)。

 自らも軟式野球のクラブチーム・クーニンズの監督を務めながら“現役選手”を続ける。「メジャーの選手がすごいのは、パワーがあるからだけじゃなく、理にかなった打ち方をしているからだと思う」と探求心は尽きない。

 野球好き女子の代表として、坪井はインスタグラム(写真投稿サイト)などのSNSを使って、練習風景や家族が楽しく試合観戦するようすを発信。天然芝の美しい球場、充実した施設を目の当たりにして「これは最高すぎる環境ですね。私もこの素晴らしい球場で野球をしたい。投げてみたい。日本の選手がメジャーを目指す理由のひとつを分かった気がします」と目を輝かせていた。中学まで9年の野球経験があり、小学校時代は主将も務めたという。

 男女の野球大好き代表として充実のメジャーキャンプ取材を終えたクーニンさんと坪井。ファン目線から、今回の体験、感想を伝える姿をお楽しみに。(大リーグ担当・山田結軌)

坪井ミサトのツイッター

@misato10301

インスタグラム

misato1030

クーニンさんのツイッター

@mcqoonin

インスタグラム

qoonin

YouTubeチャンネル

qooninTV

  • パドレスのキャンプ地・ピオリアにて。チュロスを食べる坪井ミサト
  • マリナーズのクラブハウス入り口にて。クーニンさん(右)と坪井ミサト(左)
  • ドジャースのキャンプ地、キャメルバック・ランチの電光掲示板の前に立つクーニンさん(左)、坪井ミサト(右)
  • エンゼルスの選手たちの打撃練習をみつめるクーニンさん(左)と坪井ミサト(右)
  • ドジャース・前田(左)とマエケン体操をする坪井ミサト(右)
  • ダイヤモンドバックス・平野(右)を取材するユーチューバー・クーニンさん(左)
  • マリナーズ・岩隈(右)を取材するユーチューバー・クーニンさん(左)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【球界ここだけの話(1217)】MLBジャパンの特派員2人がアリゾナに、坪井ミサト&クーニンさん