2018.3.14 05:03(2/3ページ)

阪神・金本監督、初リクエスト試した!「(ミットが)当たっているようにみえたんだけど…」

阪神・金本監督、初リクエスト試した!「(ミットが)当たっているようにみえたんだけど…」

四回、青木の適時打で二走・上田(左)が本塁へ。長坂がタッチを試みたが、判定はセーフだった

四回、青木の適時打で二走・上田(左)が本塁へ。長坂がタッチを試みたが、判定はセーフだった【拡大】

 金本監督がすっくと立ち上がった。佐藤球審のもとへ歩を進める。オープン戦9試合目。ついに阪神もリクエスト制度を使うときがきた。

 「(二塁走者にミットが)当たっているように、みえたんだけど…」

 0-4の四回一死満塁。ヤクルト・青木の打球が三遊間を破った。二走・上田も三塁を蹴る。左翼手・福留が懸命の本塁送球も球審は手を横に広げた。タッチしてるんちゃうん? そこで、リプレー検証を要求した。

 審判団が全員、ネット裏に引き揚げ、しばしの中断…。その後、球審が再びセーフのしぐさをした。残念ながらリクエスト失敗。三回一死一、二塁で青木の二ゴロ併殺をめぐり、ヤクルト・小川監督も権利行使&失敗に終わっていた。

 それでも片岡ヘッド兼打撃コーチは「一、三塁はコーチがいるし、ホーム(の微妙な動き)もみえる。オープン戦はできるし、やれるときにやっていく」と収穫アリを強調。確かに眺めてばかりじゃ、わからない。実際、主将・福留が、12球団の選手を代表するような声を挙げた。

 「(権利行使した後)守っているときに、どこにいなきゃいけない、とか。そういうのがハッキリ分かっていれば」

 確かに一度、チェンジになると、守備側はベンチに戻り始める。でも、権利が行使されたときは、どうしたらいい? シーズンに入れば大型ビジョンにもリプレー映像が流されるというが、スタンドの虎党からは「試合が間延びした」という感想も聞こえてきた。

 1試合2度使え、延長でも1度。勝負どころで切り札になる要素がある。金本監督も選手も、そして審判団も、その感触を確かめていく。 (阿部祐亮)

【続きを読む】

  • リプレー検証を初めてリクエストした金本監督(左)。判定は覆らなかった(撮影・山田喜貴)
  • 三回、青木の併殺打がリプレー検証となり、虎ナインは再び守備位置に戻った
  • 4回、選手交代を告げる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 7回、ベンチの阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・金本監督、初リクエスト試した!「(ミットが)当たっているようにみえたんだけど…」