2018.2.18 13:01

【球界ここだけの話(1185)】阪神・糸井は面白いことがいっぱい!? 福留、鳥谷らを近くで見る人たちの証言

【球界ここだけの話(1185)】

阪神・糸井は面白いことがいっぱい!? 福留、鳥谷らを近くで見る人たちの証言

特集:
福留孝介
糸井嘉男
ノックの打球をジャンプして捕球する糸井。今季は心身ともに充実

ノックの打球をジャンプして捕球する糸井。今季は心身ともに充実【拡大】

 連日のように衝撃のアーチを描く新助っ人に、猛アピールを続ける若虎たち。阪神の沖縄・宜野座キャンプは、南国の太陽と多くの話題に彩られながら後半に差しかかっている。この時期はまだスポットライトを若手らに譲っているが、福留孝介(40)、糸井嘉男(36)両外野手も元気いっぱいだ。今回は“一番近くで見ている人たち”から、彼らベテランがどんな様子でキャンプを過ごしているのかをこっそり教えてもらった。

 外野でひたすら打球捕を行ったり、メイングラウンドの片隅で黙々とロングティーを行ったり、ドーム内で数え切れないほどマシンの球を打ったり-。実績も首脳陣からの信頼も十分のベテランは、チーム本隊とは離れてそれぞれのペースで状態を高めている。

 そこでマシンへの球入れやボール拾いを必死で手伝うなど“相手”を務めているのが、黄色いビブスを着け球場のお手伝いスタッフを務める地元沖縄の学生たちだ。ただのお手伝いにとどまらず、ときには話し相手になることもあるという。

 田旗陽太さん(22)=学生=はその一人。「鳥谷さんはとにかく、ものすごく練習をされます。福留さんは沖縄言葉で話しかけてくれることもありますね。『でーじ(とても)』とかおっしゃっていました。糸井サンですか? 糸井サンは面白いことがいっぱいありすぎて何から話したらいいのか…」とポリポリと頭をかく。

 与那嶺敬(たかと)さん(22)が明かす。「糸井サン、きょうも球場のBGMを熱唱してました。右翼で捕ったボールを、カゴのところにいる自分たちのところへ投げてくれるんですが、思いっきり投げてくるフリをしてコロコロと転がしたり…。行動が読めません。きのうなんてあの強肩でバックスクリーンへブチ当てて、その跳ね返りで僕にボールを渡してくれました」。右膝関節炎の影響で別メニュー調整が続いていた昨年もコミュニケーションを取っていた超人ではあるが、今季は心身ともに充実し、イキイキ過ごしているのが伝わってくる。

 支えてくれるスタッフと南国にどっぷりとつかり、じっくりと3月30日の開幕、巨人戦(東京ドーム)へ状態を上げる。今季の虎も、頼もしく余裕たっぷりのこの男たちが支えていく。(長友孝輔)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【球界ここだけの話(1185)】阪神・糸井は面白いことがいっぱい!? 福留、鳥谷らを近くで見る人たちの証言