2017.12.29 13:00

【球界ここだけの話(1134)】DeNA、躍進を支えた“魔法の言葉”「コンディショニングワード」

【球界ここだけの話(1134)】

DeNA、躍進を支えた“魔法の言葉”「コンディショニングワード」

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
DeNAの10月のコンディショニングワード『こえて』

DeNAの10月のコンディショニングワード『こえて』【拡大】

 言葉には見えない力がある。そんな印象を受けたDeNAの2017年シーズンだった。今季は73勝65敗5分けの3位で、貯金を作ってレギュラーシーズンを終えたのは2001年以来、16年ぶりだった。

 「言葉の力で、みんなが一つの方向を向くことができます。言葉が持つ発信力でチームを鼓舞しました。『コンディショニングワード』といいます」

 四角純哉トレーナー(35)が説明した。発表するのは月初めの全体ミーティング。トレーナー陣が考えた言葉をA4サイズの用紙にプリントし、本拠地だけでなく、遠征先でも試合前練習を行うグラウンドに持参した。用紙は「ハマスタではいたるところに貼っています。トイレにも貼っています」という徹底ぶりだ。

 その言葉を紹介する。3・4月が『さあ!』。5月は『no Regrets(後悔しない)』。6月は『今ここ』。時間、場所、いずれも“ここ”で集中してプレーしようという意味だ。

 7月は『突破』。8月は『突進』。順位争いが佳境に入った9月は『SHIN』。四角トレーナーは「しん」と読める漢字を羅列した。「心、信じる、バットの芯、進もう、新しいなど、いろいろな意味が含まれています」。ポストシーズンに突入した10月のミーティングでは『こえて』を掲げた。

 「超えて、越えて。どちらもいけます。自分自身であったり、昨年以上の成績もそうですし、いろいろなものを“こえて”ほしいということ。こえた先にどんな景色が見えるのか…」

 選手たちは必死に壁を乗り越えて、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たした。日本一というフィニッシュラインを“越える”ことはできなかったが、その戦いぶりは堂々たるものだった。

 「来年はキャンプからワードを作ってほしいと言ってくれる選手もいました」。四角トレーナーがうれしそうに明かしてくれた。「コンディショニングワード」を採用した昨季から2年連続でAクラス入り。言葉の力は偉大だった。(湯浅大)

  • DeNAの7月のコンディショニングワード『突破』
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【球界ここだけの話(1134)】DeNA、躍進を支えた“魔法の言葉”「コンディショニングワード」