2017.12.14 13:00

【球界ここだけの話(1119)】日本ハム・西川、「大将」と慕う中田に要望「僕たちをサポートしてほしい」

【球界ここだけの話(1119)】

日本ハム・西川、「大将」と慕う中田に要望「僕たちをサポートしてほしい」

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
報道陣からプレゼントされたゴールデングラブ賞ケーキにかぶりつく日本ハム・西川=札幌市・日本ハム球団事務所(撮影・高橋茂夫)

報道陣からプレゼントされたゴールデングラブ賞ケーキにかぶりつく日本ハム・西川=札幌市・日本ハム球団事務所(撮影・高橋茂夫)【拡大】

 今季39盗塁でパ・リーグの盗塁王に輝いた日本ハム・西川遥輝外野手(25)が、今月5日に行われた契約更改交渉で6000万円増の1億6000万円でサインした。記者会見で終始にこやかな表情だったのは、大幅アップを勝ち取ったからではない。

 金額面の話はわずか数分間。その後、割り当てられた時間は球団との意見交換に費やした。本人は「いいコミュニケーションが取れた。僕の口からは言わないでおこうかな」と照れくさそうだったが、同席した島田球団代表は「チームをどうやっていくかという話がほとんど。チーム全体のことを考えてくれている」とうれしそうに振り返った。

 端正なマスクと華のあるプレー。チーム屈指の女性ファン人気を誇るが、その素顔はストイックだ。本拠地札幌ドームの試合後は日付が変わるまで居残り練習。球場を出るのはいつも最後だ。さらに、チームメートが「脱いだらすごい」と絶賛する、腹筋が割れた鋼の肉体を持つ。

 中心選手としての自覚は十分。来季から主将に就任する3学年上の中田翔内野手(28)には、こんな要望を出した。

 「僕たちが中田さんをサポートするのは違う。僕たちをサポートするための主将。ストレスがかかるかもしれないけれど、僕たちをサポートしてほしい」

 「大将」の愛称で慕う中田とは、2016年まで米ハワイや大阪で合同自主トレを行ってきた。互いに実力を認め合っており、信頼は厚い。だからこそ「自分の中でプレッシャーだし、やる気になっていると思う。プレーで引っ張る人。打点を稼げば何も言われない」。言葉ではなく、背中で引っ張ってくれることを期待している。

 中田と同じく後輩から人望のある西川は、年齢的にもまさに若大将だ。「こう言っている以上、来年いい成績を残さないといけない。自分にプレッシャーを与えたい」。その自覚を胸にチームを引っ張ってほしい。(中田愛沙美)

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 【球界ここだけの話(1119)】日本ハム・西川、「大将」と慕う中田に要望「僕たちをサポートしてほしい」