2017.12.11 13:00

【球界ここだけの話(1116)】中日・高橋、断食に挑戦した理由は忍耐「つらいことに耐える。練習も同じ」

【球界ここだけの話(1116)】

中日・高橋、断食に挑戦した理由は忍耐「つらいことに耐える。練習も同じ」

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
中日・高橋周平

中日・高橋周平【拡大】

 今月7日、岐阜県内で開催されたチャリティーゴルフコンペに姿を見せた中日・高橋周平内野手(23)。その数日前に自主トレ中のナゴヤ球場で見たときよりも少し頬の肉が落ちていた。

 「わかります? 断食効果ですよ。嫁さんが隣で食事をしているときも我慢して。3日間で体重が4キロ減った」と得意げに話していた。

 前日までの3日間、酵素ドリンクだけの日々を過ごし、その間も自主トレ、イベント出演などをこなしていたという。

 断食といえば大相撲の横綱白鵬が減量&体内リフレッシュのために取り入れていることで有名。プロ野球選手では元阪神の下柳剛氏が現役時代、シーズン終了直後に行っていた。ちなみに、記者も過去に2度、奈良県内の寺で5日間の断食に挑戦。体重を7キロ落としたことがある(2カ月で元に戻ったが…)。

 真っ先に思い浮かぶのはダイエット(記者もこれ)。腸にたまった老廃物を取り除くためなど、理由はさまざまだ。

 「ダイエット? 僕はやせる必要がない。それに、暴飲暴食をするタイプでもない。それよりも4日ぶりの食事。きつねうどんが、すごくおいしかった」。その理由について、最初は多くは語ろうとしなかった。

 2012年にドラフト1位で入団。大砲候補と期待されたが、6年目の今季も41試合出場にとどまった。「将来の大砲候補」と期待されて、来季で7年目。なにかを変えようと、これまでほとんど経験がなかった二塁守備に挑戦中だ。

 頼むから断食の理由を教えて-とさらに突っ込むと、目的はダイエットでも体内浄化でもなかった。

 「断食で学んだのは、『忍耐』。たった3日間で…というかもしれないが、これまで好きなだけ食べていたから本当にしんどかった。つらいことに耐える。それは練習も同じ。今後の野球人生にプラスになるんじゃないかと思う」。わらをもすがる思いで、断食に挑戦した。(三木建次)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 【球界ここだけの話(1116)】中日・高橋、断食に挑戦した理由は忍耐「つらいことに耐える。練習も同じ」