2017.12.7 19:45

日本ハム・栗山監督、清宮の三塁や外野での起用検討「日本の宝である素材は間違いない」

日本ハム・栗山監督、清宮の三塁や外野での起用検討「日本の宝である素材は間違いない」

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
仁木町訪問、銀山小学校に立ち寄って、6年生の習字の授業に参加した日本ハム・栗山監督=北海道仁木町(撮影・高橋茂夫)

仁木町訪問、銀山小学校に立ち寄って、6年生の習字の授業に参加した日本ハム・栗山監督=北海道仁木町(撮影・高橋茂夫)【拡大】

 日本ハムの栗山英樹監督は7日、北海道仁木町の仁木神社での必勝祈願後に少年野球チームと交流した。子どもたちからポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指している大谷翔平選手のことを質問されると「彼の夢なので。メジャーリーグで頑張ってくれるので楽しみにしよう」と笑顔で答えた。

 来季からは東京・早実高の清宮幸太郎内野手が加わる。栗山監督は本職の一塁だけでなく、三塁や外野で起用することで、実戦機会を増やすことを検討しており「日本の宝である素材は間違いない。どう成長させていくかをすごく考える」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・栗山監督、清宮の三塁や外野での起用検討「日本の宝である素材は間違いない」