2017.5.20 08:00

【野村弘樹ウイニングショット】由伸巨人、控えの層の厚さの勝利

【野村弘樹ウイニングショット】

由伸巨人、控えの層の厚さの勝利

 (セ・リーグ、DeNA3-5巨人=延長十回、7回戦、巨人5勝2敗、19日、横浜)巨人、DeNAともに打線が機能しなかった。巨人が勝ったのは、控えの層の厚さにモノを言わせたものだ。

 十回二死二塁での坂本勇の敬遠がポイントだったと思う。巨人は続く重信に代打・村田を送り、バッテリーは外角中心の攻めになって四球。続くマギーに対して、DeNA・須田の直球はストライクが入らず、甘いカットボールを打った。

 巨人は九回先頭で二塁打を放った阿部に、代走・重信を出した。坂本勇、阿部、マギー頼みの現状だけに、勇気がいる。他球団なら延長戦まで考えてしまいがちだが、控えの層が厚い巨人は思い切って総力戦に出た。その覚悟を、DeNAが見抜いていたかどうか。

 打率が3割4分を超えている坂本勇が、そこまで4打席凡退。バッテリー心理は複雑で「抑えてきたけど、そろそろ出るんじゃないか」と気になるところだ。勝負にいきながら、四球でもOK…と歩かせたのなら、巨人ベンチの動き(重信→村田)をじっくり観察できた。事前に想定していれば、村田にも思い切って勝負にいけたかもしれない。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【野村弘樹ウイニングショット】由伸巨人、控えの層の厚さの勝利